前ページに戻る | 製品紹介へ

PLC-DBは生産を終了させていただきました。

サポート命令 特殊補助リレー
基本命令 M9030 :0.1 秒クロックパルス
M9031 :0.2 秒クロックパルス
M9032 :1 秒クロックパルス
M9036 :常時ON リレー
M9037 :常時OFFリレー
M9038 :1 -scan ON
M9012 :carry
M9013 :0フラッグ

LD、LDI、AND、ANI、OR、ORI、PLS、 PLF、ANB、ORB、
SET、RST、TIM、CNT、SFT(MPP、MRD、MPP)
応用命令(※3)
MC:(マスタコントロール 共通直列接点用 コイル命令)
MCR:(マスタコントロールリセット 共通直列接点解除命令)
(1)比較演算命令
=,<>,>,<=,<,>=
(2)算術演算命令
+,+P,−,−P,*,*P,/,/P,
+=,+=P,−=,−=P,
B+,B+P,B−,B−P,B*,B*P,B/,B/P,
B+=,B+=P,B−=,B−=P,
以上の命令を画面上で作製し、コンパイル後の[中間言語]によって動作シミュレートすることが出来ます。
(3)BCD⇔BIN変換命令
BCD,BCDP,BIN,BINP
(4)データ転送命令
MOV,MOVP,CML,CMLP,XCH,XCHP,SEG
(5)論理演算命令
WAND=,WANDP=,WAND,WANDP,WOR=,WOR=P,WOR,WORP
WXOR=,WXOR=P,WXOR,WXORP,WXNR=,
WXNR=P,WXNR,WXNRP,NEG,NEGP
(6)シフト命令
SFR、SFL
(7)継続命令その他
−−>>,>>−−,MC,MCR

モニター機能では、ターゲット上の実際のPICのシーケンスの動作をモニターします。

ブレークポイント設定が可能で、あるポイントでブレークをかけて、ゆっくり全接点とメモリーの状態をチェックできます。

他メーカのICE等のデバッガのような複雑な設定は何もありません。接続して、[デバッガ]のアイコンをクリックするだけで動作します。

オンボードライト機能があり、オンボードのままで何回でも書き替えて動作させることが出来ます。

RS232Cの無いノートPCでも可能なようにUSBインターフェースとしてあります。

デバッガ(PLC877/DB)を使用中は、本体にUSBより電源を供給しますので外部電源不要です。

デバッガ
※)本体のPICに直接、別のライタで書き込む場合は不要ですが、モニターとオンボード書込みができません。
  本体が数台保有であっても1台あれば、立上やメンテナンスが容易になります。

(※1)別売のPLC877/DBが必要です。(※2)PIC16F877(876)用変換ライブラリーは別売です。(※3)別途プロフェッショナル(P)版が必要です

製品に 関するお問い合わせ
前ページに戻る | 製品紹介へ