富士電子株式会社/業務紹介/実装・検査工程

富士電子株式会社

検査工程の紹介 

実装・検査工程
検査設備にて安定した品質管理が出来ます。
また、目視検査は訓練された作業者にて検査し、不良に歯止めをかけています。
インサートキットテスタ 卓上型外観検査機
  卓上型外観検査機
●電気的に検査を行い、抵抗・コンデンサ・
コイルの定数を確認する事が出来ます。
(機種毎のフィクスチャーボード製作が必要です。)
  ●主に部品搭載状態の検査を行い、前工程
へフィードバックし品質の安定化を図って
います。
拡大鏡顕微鏡検査(ICT・外観検査機で品質保証が出来ない部品、スポット品受注品に適用)
●拡大鏡検査は、チップ部品を2〜3倍にて検査を行っています。
●顕微鏡検査は、 IC等を7倍の倍率で検査しています。
●訓練された作業者にて検査し、不良に歯止めをかけています。
外観検査・電気試験工程
後付け部品の状態を目視検査します。
また、計測機器で動作試験・電気試験を行なう事も可能です。
専用検査治具,電気試験   オシロスコープ,波形計測,記録
●動作試験治具を製作し、動作の確認も
出来ます。
  ●オシロスコープを使用した電気試験にも対応
出来ます。
ルータ式基板分割機    
ルータ式基板分割機    
●検査後の多面取りのシート基板を分割します。
部品へのストレスをかけずに、分割する事が
出来ます。
 
 

主要設備一覧はこちら


実装検査工程へ 組立工程へ  

Copyright (C) Fujidenshi corp.All Rights Reserved.
トップ会社案内業務紹介開発・設計環境への取り組みお問い合わせリンクサイトマップ
本ウェブサイトについて
製造設備・治具 実装・検査機器組立・改造主要設備